寒中見舞いに 添える 言葉
そのまま「寒中お見舞い申し上げます」でokです。 . 寒中見舞いは年始の挨拶に代わる、冬の挨拶状です。多くの方は、寒中見舞いは喪中で年賀状が出せない時に出す物と認識しています。近年はその性質が強くなり、文例も喪中を想定したものになっているのです。けれど、実際喪中の寒中見舞いはどう書けば良いかわかりませんよね。

『寒中見舞い』について、あなたはどの程度知っていますか?「いつ出せばいいの?」「年賀状との違いは?」「そもそも、寒中見舞いとは?」大人になっても意外と知らない『寒中見舞い』の役割やよくあるお悩み、書き方について紹介します。

自分の言葉で季節感を出してみる. 寒中見舞いの文章には、 決まり文句はほとんどありません 。 身近な風物を具体的に文中に盛り込んでみたり、自分の言葉で季節感を添えるように工夫してあげると、より丁寧な印象を相手に与えることができます。 寒中見舞いは、最も寒い季節に相手の体調を気遣って出す季節のお手紙で、喪中でも送ることができます。 一般的には松の内(1月7日まで)が明けてから立春の前日(2月3日ごろ)に送るものなので、年賀状のシーズンが終わってから出すのがベストです。 寒中見舞いで注意すべき言葉 年賀状の返事が遅れた場合は、その理由をきちんと述べて、お詫びをします。 何も書かれていないと、年賀状が届いたから仕方なくあとから返事を出した、と捉えられてしまうこともあります。 相手との関係や状況に応じた適切なお見舞いの言葉をご存知ですか。急な病気や怪我の際にかけてあげるお見舞いの言葉をきちんと知っておくことで、相手に失礼に当たらない思いやりのあるお見舞いの言葉をかけることができます。気遣いのある言葉の例をご紹介します。 ②お相手の健康をよろこぶ言葉や時候の挨拶 「寒さ厳しい折皆様いかがお過ごしでしょうか」や「寒冷の候いかがお過ごしでしょうか」などが一般的。 ①寒中見舞いの言葉.

Contact

 

LINE Contact